【武田邦彦教授】みんな騙されている野菜摂取量の大ウソ

26 3月

武田教授が野菜摂取量について述べていたので紹介させていただきます。

厚労省は野菜を、昔は350g、今は294g毎日食べろと言ってるが、根拠がない。

野菜を測ってから食べてる人を聞いたことないけど、乾燥させた状態なのか、水分が足り含まれている状態なのかわからない。

そもそも3桁目の4gってなんなんだ!こんなインチキな数字をだすな!人を騙すときはできるだけ細かい数字を挙げる。

野菜のどの成分が大事なのかを明示せずに、ただ野菜を食べろと言っているのはおかしい。ビタミンがこれだけ、食物繊維がこれだけ必要だとか言うべき。

最近ブロッコリーがいいとか言いますけど、ただの葉っぱじゃないか

人類は元々根菜類を食べていたが、葉っぱは食べてなかった。

植物は葉っぱを動物から食べられないように進化している。葉っぱには植物は毒物を入れている。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントを残す