スタチン効果の嘘!(その3) ーいかにして副作用を隠蔽しているのかー

1 5月

副作用が無いように見せかける方法は「副作用を細分化する」ことです!

How statistical deception created the appearance that statins are safe and effective in primary and secondary prevention of cardiovascular disease
David M Diamond
Expert Rev. Clin. Pharmacol. Early online, 1–10 (2015)

副作用が実際にはあるにもかかわらず、その程度を少なく見せる、または表示しない方法とは!

それは副作用を細分化することで、一つ一つの絶対数を小さくすることです。

そうすれば、取るに足らない副作用として無視することができるのです。

Myopathy

普段運動している人やアスリートでは高頻度でスタチンの副作用のために休薬を余儀なくされている。
スタチン試験においては筋損傷は1%以下と報告されているが、筋損傷の定義がCKの正常上限値の10倍以上と定義されているため。
筋傷害の副作用を矮小化する方法は、FDAが行っているように筋傷害を11のカテゴリーに分けて細分化することである。おのおのの数が小さくなるからです。

CNS pathology, including mood & cognitive disorders

スタチン内服群では暴力、自殺、事故による死亡が有意に多い(Muldoon et al)
スタチン内服と認知症が関連している。
低コレステロールと自殺、暴力が関連している。
多発性神経障害が16倍の発生率!
スタチン関連副作用は多くの少ない頻度のサブカテゴリーに分けられている。しかしそれらすべての副作用が統合されたらかなりの発生率になることだろう。


以上、2016年の現在においてもスタチン関連の試験では欺瞞がまかり通ってます。

スタチンについて「効果があるのは確定されてます。しかも副作用はほとんどありません!」などと内科の専門医は言いますが、明らかに製薬会社に騙されているのです。

専門家ほど騙される

専門家ほど考えを改めない

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントを残す