漫画「糖質制限でうつ病が治った話」に感動

16 2月

 

 

https://note.mu/kusaki/n/n72c374ce96dd

今日、糖質制限のfacebookグループで紹介されていた漫画です。

うつ病を患っていた女性(大学生?)が、ある日父親から勧められた本

「炭水化物が人類を滅ぼす」夏井睦著

を読んで糖質制限を始めて、1ヶ月したところうつ病がいつの間にか治って

「世界は美しかった」と感じます。ここで白黒漫画がカラーになります。

「3年間も布団に縫い付けられて・・・早く外に出たかった・・・」と

大変は思いをされてます。しかしながらお父さんGJですね!

興味深かったのは、子どもの頃はパンもご飯も嫌いで食べられなかったのに

親から怒られるので我慢して食べているうちに、いつの間にかご飯が大好きになって

その後過食になって太ってしまい、学校でいじめられるようになったというエピソードです。

もともと子どもはご飯なんぞ食べたくないんですよね。それが、いつの間にか糖質依存症になってしまう。親の責任は重大です。自分も今更ながらに反省しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントを残す