コレステロール低下医療に関する緊急提言:日本脂質栄養学会2014年

9 10月
日本脂質栄養学会から日本動脈硬化学会 理事長 佐藤靖史先生に宛てた提言です。
コレステロール悪玉論を否定し、スタチンは細胞毒であることを根拠を元に論じています。
そのPDFからの抜粋を掲載します。

以下の図はLDLコレステロールの各学会における基準値の違いを表しています。

CapturFiles-201510282_2110

人間ドック学会と米国心臓病学会/心臓協会は190を上限としてます。ただ、米国では健常者はLDLが高くてもスタチン療法対象ではないようです。

日本脂質栄養学会ではLDLが高い方が長寿であるとして各種疾患予防にLDL低下を目標としないとしています。

 ACC/AHA ガイドライン2013年骨子を以下に抜粋します

「LDL-C上限値を決め、それをターゲットとして治療する医療、 臨床的なエビデンスがない」で放棄した。また、 「低けれ低いほどよい説」エビデンスも認められなかった。

中性脂肪値(TG)をリスク因子とするエビデンス認められなかった。

ということで、ACC/AHAガイドラインではコレステロール悪玉論を放棄しています

そして、この提言におけるスタチンに関するところを抜粋します。

スタチンでLDL-C値を下げても、CHD予防に有意な効果は認められなかった

コレステロールエステル輸送タンパク(CETP)の欠損者ではLDL-C値が低くHDL-C値が高いが、CHD死亡率も高い

CETP阻害剤はHDL-C値を上げLDL-C値を下げたが、CHD予防に有意な効果は認められず、総死亡率を上げた

成人の1日に必要とするコレステロールは1.5g、このうち0.3gが食事由来であり、残りは体内で合成されている。HDL中でコレステロールはエステル化され、血中の CETPはこれをLDLに輸送し、LDLは組織にコレステロールを再分配する役割を担ってい る

スタチンはミトコンドリア毒―むしろ動脈硬化を促進し、心不全を発症さ せる

以上が、この提言の抜粋ですが短い文章なのでぜひ全文をPDFで読まれることをお勧めします。

http://jsln.umin.jp/pdf/topics/Teigen140820-1.pdf

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントを残す