食物繊維は必要か?

12 7月

世間ではやたらと食物繊維をとれだのという声があります。

食物繊維はあたかも必須栄養素のような扱いです。

いったい、食物繊維は人類に必要なのでしょうか?

最近の論調をみると、食物繊維には不溶性と水溶性があり、不溶性は便秘の原因になるけど水溶性食物繊維は便通をよくするだの、癌の予防になるのいろいろと分類してますが、これってコレステロールの悪玉と善玉を彷彿させます。総コレステロール値自体ではなんのデータも出せなかったので悪玉と善玉に分けてあーだこーだ言って時間稼ぎをしてスタチンを売っていた製薬会社みたいです。

そもそも食物繊維が人類に必要であるのであれば、エスキモーの人たちが何千年もあの寒冷地で生き延びてきたことが説明できません。食物繊維で腸内細菌を善玉菌にするとかバカなこと言ってますが、それじゃエスキモーの人々は肉ばっかり食べて野菜はゼロですから腸内細菌は悪玉菌ばっかりで大腸癌が多発しないといけないと言うことになります。でも、伝統的な食事をとっていた頃のエスキモーやカナダのイヌイット族は癌が非常に少なかったことが報告されてます。食物繊維なんて不溶性でも水溶性でも食べる必要はこれっぽっちもないんです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントを残す